団体概要

この法人は、一般市民に対して、介護に関する情報を提供するとともに、介護支援専門員の資質向上、倫理向上を確立し、かつ介護支援専門員に対して専門的技能の研鑽を目指し、ひいては要介護者及びその家族の生活と権利の擁護、介護保険業務に関する事業の適正な運営に寄与することを目的とする。

設立にあたり

介護保険制度が発足し、介護支援専門員という職種が生まれました。社会保険制度に サービスを調整する職種を盛り込んだのはこの制度が始めてであり、介護支援専門員 は「制度の要」として位置づけられてきました。

制度は国民に受け入れられ、順調に役割を果たしてきました、その反面高齢化の進展に伴い、利用者も増え続け、将来推計の見込みでは保険制度が成り立たなくなるという結論に達し、この度の改定になりました。
増え続けるサービスの原因の一つにはサービスを調整する介護支援専門員の活動にあるという報告から介護支援専門員の活動にも大きな改定が加えられることとなりました。

介護支援専門員の真摯な活動が地道に続けられていましたが、様々な規制も加えられ、悩みを持つものも多い状況となっていました。
岡山県では平成13年に各地域の介護支援専門員の会が集合した形で「岡山県介護支援専門員連絡協議会」が発足しましたが、個人会員の組織ではありませんでしたのでまとまった活動はできませんでした。本年、特定非営利法人を取得しあらたに「岡山県介護支援専門員協会」という職能集団としての会を発足し全県での活発な活動を行うことといたしました。

介護保険法第一条の中には「尊厳を保持し、その能力に応じ自立した日常生活ができるよう」という目的があります。私たちはご利用者の「その人らしさ」を尊重し、地域で安心して暮らせる援助をめざして活動をしてゆきたいと思います。
介護支援専門員の専門性が問われている時期ではありますが、当面は研修体制を確立し、岡山県介護支援専門員協会が専門性を主張できるようにして参りたいと思います。

会員の皆様にとっても「元気がでる」会になるよう、情報交換や十分な情報も流してゆきたいと考えております。
微弱な会ではありますが皆様方のご助言ご指導のほどよろしくお願い申し上げます

会 長   堀 部  徹

定款・倫理綱領・事業計画

組織図
NPO法人 岡山県介護支援専門員協会 組織図

定款
NPO法人岡山県介護支援専門員協会 定款
(平成27年10月16日 変更)

倫理綱領

倫理綱領
(平成23年5月14日 通常総会にて承認・改正)

事業計画・事業報告等

年度 事業計画 収支予算 事業報告等
平成29年度 事業計画 収支予算 pdf事業報告(NPO全体)pdf事業報告(理事会・役員会・各委員会)
pdf事業報告(講師派遣・講演依頼等)pdf決算報告
平成28年度 事業計画 収支予算 pdf事業報告(NPO全体)pdf事業報告(理事会・役員会・各委員会)pdf事業報告(講師派遣・講演依頼等)pdf決算報告
平成27年度 事業計画 収支予算  <詳細・申込みはこちらから>事業報告(NPO全体)<詳細・申込みはこちらから>事業報告(講師派遣・後援依頼等)<詳細・申込みはこちらから>事業報告(各委員会)<詳細・申込みはこちらから>決算報告
平成26年度 事業計画 収支予算 事業報告(NPO全体)
事業報告(講師派遣・後援依頼等)
事業報告(各委員会)
決算報告
平成25年度 事業計画 収支予算 事業報告(NPO全体)
事業報告(講師派遣・後援依頼等)
事業報告(各委員会)
決算報告
平成24年度 事業計画 収支予算 事業報告(NPO全体)
事業報告(各委員会)
決算報告
平成23年度 事業計画 収支予算 事業報告(NPO全体)
事業報告(各委員会)
事業報告(講師派遣・後援依頼等)
事業報告(各支部)
決算報告
平成22年度 事業計画 収支予算 事業報告(NPO全体)
事業報告(各委員会)
事業報告(講師派遣・後援依頼等)
事業報告(各支部)
決算報告
平成21年度 事業計画 収支予算 事業報告1
事業報告2
事業報告3
決算報告
平成20年度 事業計画 収支予算 事業報告1
事業報告2
事業報告3
決算報告
平成19年度 事業報告1
事業報告2
決算報告